My Oracle Support Banner

Microsoft Windows 環境での正しいNLS_LANG (Doc ID 2046168.1)

Last updated on SEPTEMBER 12, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 8.0.3.0 以降
Oracle Database - Personal Edition - バージョン 8.0.3.0 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 8.0.3.0 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)
Microsoft Windows (32-bit)
Microsoft Windows Itanium (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 179133.1> (最終メジャー更新日: 2015年06月23日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

 Microsoft Windows プラットフォーム上でNLS_LANG 変数を正しく定義する方法の概要を提供します。

対象

DBA は任意のMicrosoft Windows のデスクトップ/サーバー・プラットフォームにOracle RDBMS clients を構築する場合(Microsoft Windows Mobile/CE/tablet を除く)。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 1. 概念/用語:
 1.1 Microsoft Windows のコード・ページ:
 1.2 フォント:
 2. NLS_LANG の設定方法:
 2.1 レジストリ:
 2.2 システム・プロパティのシステムまたはユーザー環境変数:
 2.3 コマンドプロンプトで定義する環境変数:
 3. 非Unicode のMicrosoft Windows アプリケーションのためのMicrosoft Windows コードページの正しいNLS_LANG:
 3.1 Windows ACP コード・ページ(sqlplusW.exe で使用)を決定:
 3.2 対応するOracle クライアントのキャラクタ・セットを探します:
 3.3 レジストリに設定します:
 4. コマンドプロンプトOEM コード・ページ(sqlplus.exe で使用される)の正しいNLS_LANG: 
 4.1 デフォルトのMicrosoft Windows 構成:
 4.2 Microsoft Windows のコマンドプロンプト環境を変更し、1252 のようなのANSI キャラクタ・セットを使用します:
 5. NLS_LANG を確認するには:
 6. Microsoft Windows のレジストリに使用される一般的なNLS_LANG の一覧:
 7. Microsoft Windows のコマンドプロンプトに使用される一般的なNLS_LANG の一覧 :
 8. Unicode のMicrosoft Windows アプリケーションの正しいNLS_LANG:
 9. Windows はどのようにフォントを使用して異なるキャラクタ・セットを表示しますか:
 10. レジストリのNLS_LANG を正しい値に変更/更新:
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.