My Oracle Support Banner

パッチ適用、インストール、アップグレード中の Grid Infrastructure の起動がマルチキャスト要求で失敗する (Doc ID 2048615.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.2 から 12.1.0.1 [リリース 11.2 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1212703.1> (最終メジャー更新日: 2014年01月08日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

現象

マルチキャスト・ベース通信がクラスタのノード上で、またはプライベートインターコネクトとして使われているネットワークスイッチ上 で、要求通り有効化されていない場合、root.sh (Oracle Grid Infrastructure 11.2.0.2 の新規インストールの一部)または rootupgrade.sh (Oracle Grid Infrastructure 11.2.0.2 へのアップグレード作業の一部)の実行が最初のノードのみで成功しますが、次に示す症状で後続のノードで失敗します。

CRS-4402: The CSS daemon was started in exclusive mode but found an active CSS daemon on node node1, number 1, and is terminating
An active cluster was found during exclusive startup, restarting to join the cluster
Failed to start Oracle Clusterware stack
Failed to start Cluster Synchorinisation Service in clustered mode at /u01/app/crs/11.2.0.2/crs/install/crsconfig_lib.pm line 1016.
/u01/app/crs/11.2.0.2/perl/bin/perl -I/u01/app/crs/11.2.0.2/perl/lib -I/u01/app/crs/11.2.0.2/crs/install /u01/app/crs/11.2.0.2/crs/install/rootcrs.pl execution failed

 

注意:  アップグレードや新規 11.2.0.2 のインストールでも事象発生時の特徴は同じです。そのため、これは診断が必要です。この問題は Oracle Database Readme 11g Release 2 Section 2.39 にも記載されており <BUG: 9974223> としても登録されています。

 

注意:  230.0.1.0 または 224.0.0.251 マルチキャスト・アドレス(2つのうちのどちらかが有効化/機能している必要がある)上でマルチキャストが有効化されない場合、12.1.0.1 のインストールと同様に、次の 11.2.0.3 PSUs: 11.2.0.3.5, 11.2.0.3.6, 11.2.0.3.7 にも影響を与えます。ただし、11.2.0.3.5 GI PSU ではブロードキャスト機能を無効化するという新しい問題が発生します。 (<Bug 16547309>). 



特徴の検証 
ネットワーク上のマルチキャスティングの問題に起因し、Oracle CSSデーモンがクラスタ化モードで起動に失敗したことを検証するには、  ocssd.log ファイル($GI_HOME/log/<nodename>/cssd/ocssd.log) を確認する必要がありま す。 これが原因でクラスタへの参加が失敗した場合は、以下が確認できます:

1.CSSがクラスタ化モードで起動され、既存のクラスタに参加する場合は、CSS がクラスタ内のピア通信を確立しようとするエントリが CSSD ログに表示されます。この分析では、node2 と node1 が通信が試行されたことが、次ような内容が CSSD ログに確認できます。:  

 

2010-09-16 23:13:14.862: [GIPCHGEN][1107937600] gipchaNodeCreate: adding new node 0x2aaab408d4a0 { host 'node1', haName 'CSS_ttoprf10cluster', srcLuid 54d7bb0e-ef4a0c7e, dstLuid 00000000-00000000 numInf 0, contigSeq 0, lastAck 0, lastValidAck 0, sendSeq [0 : 0], createTime 9563084, flags 0x0 }

2.  前述のログエントリーの直後に、プライベート・インターコネクト上で(ここでは 192.168.1.2)マルチキャスト・アドレス230.0.1.0、ポート42424を介して node2 から node1 への通信を確立しようとしていることを確認できます:

2010-09-16 23:13:14.862: [GIPCHTHR][1106360640] gipchaWorkerUpdateInterface: created remote interface for node 'node1', haName 'CSS_mycluster', inf 'mcast://230.0.1.0:42424/192.168.1.2'


3.  もし 通信が成功的に確立できれば、 node2 上で、ピア・ノード(node 1)のために"gipchaLowerProcessAcks: ESTABLISH finished"を含むログ・エントリーが見えます。通信が確立できない場合、このログ・エントリが見えません。代わりに、ネットワーク通信が確立できないことを示すエントリが表示されます。  このエントリは次に示すのように表示されます。

2010-09-16 23:13:15.839: [ CSSD][1087465792]clssnmvDHBValidateNCopy: node 1, node1, has a disk HB, but no network HB, DHB has rcfg 180134562, wrtcnt, 8627, LATS 9564064, lastSeqNo 8624, uniqueness 1284701023, timestamp 1284703995/10564774


上記のログ・エントリは  CSSDがプライベートインターコネクトに使用されるインタフェース上でネットワーク通信を確立できなかったことを示します。 この ケースでは、プライベート・インターコネクトとして使用されるネットワーク上で、230.0.1.0 IP上のマルチキャスト通信がブロックされました。

 

 

変更点

注意: Oracle Grid Infrastructure 11.2.0.4 はこの問題によって影響されません。

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.