My Oracle Support Banner

Oracle Big Data Appliance V2.3.1 以降において、障害の発生したスタンバイ NameNode が再起動できない場合の復旧方法 (Doc ID 2049380.1)

Last updated on AUGUST 12, 2016

適用範囲:

Big Data Appliance Integrated Software - バージョン 2.3.1 以降
Linux x86-64
本文書利用上のご注意

  本文書は英語で提供されている Doc ID 1632817.1 (最終更新日: 2015年3月25日)を翻訳したものです。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

本ドキュメントでは、スタンバイ NameNode (NN) の再起動ができない場合に、その NameNode を復旧させる手順について詳細に説明します。

ここでは、1つの NameNode がアクティブとして生き残っているものの、スタンバイ NameNode が立ち上がってこないというシナリオを想定しています。   たとえば:

あるいは

自動フェイルオーバーが有効となっている BDA においては、人の介入無しに、スタンバイ NN が アクティブ NN になるという動きが期待されています。また、必要な場合には、CM の "Manual Failover" や、"Forced Failover" オプション付きの "Manual Failover" を使用して、スタンバイ NN を アクティブNN にすることができます。

対象

 Oracle Big Data Appliance (BDA) 管理者

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 再起動できないスタンバイ NameNode の障害復旧
 アクティブ NameNode は稼働しているがスタンバイ NameNode の再起動ができない場合の復旧手順の概要
 事前準備の手順
 復旧を行う NameNode 上でディレクトリのバックアップを採取
 NameNode 構成ディレクトリ
 Navigator のために、現在の NameNode 構成に設定変更を実施
 ブートストラップの実施
 namenode -bootstrapStandby の出力結果
 Cloudera Manager からブートストラップされた NaneNode を起動
 Cloudera Manager から他のサービスを起動
 ブートストラップ後の手順

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.