My Oracle Support Banner

Oracle製品のコンポジット・パッチ (Doc ID 2058058.1)

Last updated on APRIL 24, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.2 から 12.1.0.2 [リリース 11.2 から 12.1]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Generic UNIX
Generic Linux
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1376691.1> (最終メジャー更新日: 2018年02月23日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

コンポジット・パッチの概要およびパッチ競合の解決方法を提供します。

以下はコンポジット・パッチのリリースです

Oracle データベース12.2以降のリリース・アップデートとリリース・アップデート・リビジョンはコンポジットパッチではありません。

この記事についての質問、助言、あなたの経験をお知らせください。

オラクル社の顧客、社員、および業界のエキスパートとこのトピックについて情報を交換しませんか。

この特定の記事について、他のユーザーに質問したり、助言をもらったり、さらに自身の経験を共有するには、ここをクリックしてディスカッションに参加してください。
他の記事や有益な情報をお探しの場合は、ここをクリックしてデータベースのインストール/アップグレードに関するMy Oracle Supportコミュニティにアクセスしてください。

このドキュメントには次の項が含まれます。

Patch Set Updateおよびオーバーレイ・パッチについてこのドキュメント内に参照が作成されます。詳しくは、下記文書をご参照ください。

<Document 854428.1> Patch Set Updates for Oracle Products

対象

1:コンポジット・パッチとは何か

 

ページの先頭へ

2:どのパッチがコンポジット・パッチとしてパッケージ化されるか

表1: PSUのコンポジット・パッチング・モデルの実装日付
DBリリース PSUリリース日付 PSUリリース
12.1.0.2 BP 2015年4月14日 12.1.0.2.7
12.1.0.2 2015年4月14日
12.1.0.2.3
12.1.0.1 2015年4月14日 12.1.0.1.7
11.2.0.4 2015年4月15日 11.2.0.4.2
11.2.0.3 2012年4月17日 11.2.0.3.2
11.2.0.2 2012年7月17日  11.2.0.2.7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Oracle データベース12.2以降のリリース・アップデートとリリース・アップデート・リビジョンはコンポジットパッチではありません。 

ページの先頭へ

3:現在の累積パッチング・モデル

現在の累積パッチング・モデル(つまり、Patch Set Update、バンドル・パッチなど)は1つの統合されたテスト済のパッチで構成されます。このようなパッチは反復であり、増分コンテンツを持って全てのリリースの修正(現在および以前のリリース)を単一でインストールすることができます。1つのパッチに推奨される修正を含めることで、Oracleはこれらの修正が一緒に動作することを保証できます。

デメリット 

ページの先頭へ

4:現在のパッチング・モデルを使用した競合の解決

インストールされた累積パッチのバージョンと一致するオーバーレイ・パッチを作成することで各競合を解決します。修正が後の累積パッチに含まれている場合を除いて、オーバーレイ・パッチは適用される後続の各累積パッチに対して作成する必要があります。

ページの先頭へ

5:コンポジット・パッチング・モデル

コンポジット・パッチは、よく構造化された方式でバンドルを定義するモジュール式のパッチング・モデルを作成することにより、これらの欠点を解決するように設計されています。

構造

コンポジット・パッチは1つ以上のサブ・パッチで構成され、それぞれのサブ・パッチは別々にインストールされます。最新のサブ・パッチがコンポジット・パッチと命名されます。コンポジット・パッチをウエディング・ケーキに想像すると、ケーキの全体はコンポジット・パッチであり、ケーキの各層はサブ・パッチとなります。  

注意: サブ・パッチとモレキュールは相互に排他的です。サブ・パッチはコンポジット・パッチ(PSU)にのみ関連付けられ、モレキュールはCritical Patch Updates (CPU)にのみ関連付けられます。

基本概念

Interim patches (1) :

Patch 13545268: applied on Fri Dec 09 10:59:28 EST 2011
Patch Description: "Database Patch Set Update : 11.2.0.3.2 (13545268)"
  Created on 2 July 2012, 07:52:00 hrs PST8PDT
Sub-patch 13343438; "Database Patch Set Update : 11.2.0.3.1 (13343438)"
  Bugs fixed:
    9275072, 9352237 ...
Patch 13795248 : applied on Fri Dec 10 10:00:28 EST 2011
Patch Description: "Database Patch Set Update : 11.2.0.3.3 (13795248)"
  Created on 2 July 2012, 07:52:00 hrs PST8PDT
Sub-patch 13545268; "Database Patch Set Update : 11.2.0.3.2 (13545268)"
Sub-patch 13343438; "Database Patch Set Update : 11.2.0.3.1 (13343438)"
  Bugs fixed:
    9275072, 9352237 ...
注意:例のパッチ番号は必ずしも実際のパッチを表すものではありません。
  • 現在は次のパッチがインストールされています
  1. 11.2.0.3.1 コンポジット・パッチ
  2. 11.2.0.3.1 オーバーレイ
  • 次をインストールします
  1. 11.2.0.3.3 コンポジット・パッチ
  2. 11.2.0.3.2 オーバーレイ
  • インストレーションには次が含まれます
  1. 11.2.0.3.1 サブ・パッチ
  2. 11.2.0.3.1 オーバーレイ
  3. 11.2.0.3.2 サブ・パッチ
  4. 11.2.0.3.2 オーバーレイ
  5. 11.2.0.3.3 コンポジット・パッチ
  • 11.2.0.3.3がロールバックされた場合、インストレーションには以下が含まれます
  1. 11.2.0.3.1 コンポジット・パッチ
  2. 11.2.0.3.1 オーバーレイ

ページの先頭へ

6:コンポジット・パッチングを使用した競合の解決

  • 11.2.0.3.1がインストールされています。 
  • パッチ12646784がインストールされています。 
  • 11.2.0.3.3 (13795248)をインストールする際に、11.2.0.3.2サブ・パッチ(13696216)が12646784と競合します。
Composite Patch 13795248 conflicts with installed patch(es) 12646784

Conflict Description:
Here are the specific sub-patches of composite patch 13795248 that conflict with 12646784

Sub-Patch 13696216 conflicts with 12646784

Conflict Remedy:
Refer to My Oracle Support Note 1299688.1 for instructions on resolving patch conflicts.
  • 解決策:
    1. 競合のパッチ(12646784)をロールバックします。
    2. 11.2.0.3.3 PSUをインストールします。 
    3. 11.2.0.3.2バージョンの12646784をインストールします。

シナリオ 2 - 新しくインストールされているパッチは、すでにインストールされたコンポジット・パッチのサブ・パッチと競合します: 

  • 11.2.0.3.3 (13795248)がインストールされています。 
  • パッチ12646784をインストール際に、サブ・パッチの11.2.0.3.2と競合します。 
  • 例:
Patch 12646784 conflicts with the composite patch 13795248 (specifically, sub-patch(es) 13696216).Please refer to the following to resolve the conflict(s): Patch conflict resolution (Doc ID 1299688.1)
  • 解決策: 11.2.0.3.2バージョンの12646784 をインストール 
     
注意: どちらの例でも、前バージョンの累積パッチ・モデルに対して11.2.0.3.3バージョンのパッチ12646784がインストールされている必要があります。各バージョンの修正が個別のサブ・パッチに対してインストールされるため、オーバーレイ・パッチ(12646784)は競合のバージョン(11.2.0.3.2)に関連付けられます。

 

[更新履歴]
2015/09/22 本文書を公開

ページの先頭へ

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.