My Oracle Support Banner

パフォーマンス関連の機能についての情報を見つける方法 (Doc ID 2099094.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 6.0.0.0 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 7.0.16.0 以降
Oracle Database - Personal Edition - バージョン 7.1.4.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 1361401.1 (最終メジャー更新日: 2015年10月07日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

このドキュメントはパフォーマンス機能について概説し、それらの機能についての情報へのリンクを提供します。

目的は、複雑な検索や、正しいキーワードの組み合わせでの検索なしに、各機能についての最も有益な情報へのリンクを提供することです。例えば:

ベストプラクティス

事前の問題の回避および診断情報収集

いくつかの問題は予期せず発生するかもしれませんが、多くの場合、何らかの兆候が早期に検出されれば、問題を回避できる可能性があります。また、問題が発生した場合、問題発生後にその問題についての情報を収集してもあまり意味がありません。これらの機能やツールは、このような診断情報を収集するためにサポートによって推奨されています。提案する用途、事前の準備、診断情報の詳細については、以下を参照してください。:

<Document 1642039.1> ベスト・プラクティス:データベースと問い合わせのパフォーマンス問題を事前に回避する
<Document 1646029.1> ベストプラクティス: パフォーマンスの問題のための事前データ収集

パフォーマンス関連のウェブキャスト

データベース・パフォーマンスのトピックでの多くのウェブキャストが配信されています。以下の記事で、これらのリストを確認することができます。:

<Document 1597373.1> Archive of Database Performance Related Webcasts

パフォーマンス関連のホワイトペーパー、ブログ、マニュアル

<Document 1337116.1> White Papers and Blog Entries for Oracle Optimizer Links to Technical White Papers and Blogs for the Oracle Optimizer
<Document 1642488.1> OTN のデータベース・パフォーマンス・チューニング・ガイド マニュアル

 

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.