My Oracle Support Banner

REDO ログ同期の待機を回避するためのオプションについて (Doc ID 2125650.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Oracle Database - Personal Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 857576.1 (最終メジャー更新日: 2016年03月30日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

REDO ログ同期の待機を最小限にする方法にアプローチするためのいくつかの解決策を提供します。

注意: これらのアプローチは、完全にログを回避することによって問題にアプローチしたり、または、クラッシュ時にデータを維持することが重要ではないようなデータベースの大部分には、適していません。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.