My Oracle Support Banner

CDH 5.1.5 にアップグレードされている Oracle Big Data Appliance V4.0 へ CDH5.1.5.p1088.1255 のパッチを適用する手順 (Doc ID 2131774.1)

Last updated on JANUARY 30, 2019

適用範囲:

Big Data Appliance Integrated Software - バージョン 4.0 から 4.0 [リリース 4.0]
Linux x86-64
本文書利用上のご注意

  本文書は英語で提供されている Doc ID 2121145.1 (最終更新日: 2016年5月6日)を翻訳したものです。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

CDH 5.1.x には、NameNode が異常終了する HDFS-7707 という問題があります。この事象については、Cloudera 社から TSB 2015-62 としてアナウンスされています。これは処理の競合タイミングによって発生する事象であるため、修正されたバージョンへのアップグレード以外、明示的に事象の発生を防ぐ回避方法はありません。

本ドキュメントでは、CDH 5.1.5 OL6.4 が動作する Oracle Big Data Appliance V4.0.1 クラスタ上に、HDFS-7707 の修正を加えた CDH 5.1.5.p1088.1255 のパッチをインストールする方法について説明しています。

注意: 本パッチがインストールできるのは、CDH 5.1.5 OL 6.4 を含む BDA 4.0.1 クラスタ環境に対してのみです。

対象

システム管理者、あるいはHadoopの管理者

このパッチは、まだ MOS 上には公開されておらず、リクエストに応じて提供されます。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 概要
 よくある質問とその回答
 事前に実施しておくべき事項
 dcli に関する事前確認
 利用言語環境に依存したエラーの発生を抑制するための事前設定
 クラスタのヘルス状態に関する事前確認
 対象イメージに関する事前確認
 リポジトリに関する事前確認
 パッチを適用するメンテナンス期間のスケジューリング
 CDH5.1.5.p1088.1255 パッチのダウンロード
 cdh5.1.5.p1088.1255 パッチインストール手順
 パッチ適用後のアクション
 パッチ適用後の検証
 cdh5.1.5.p1088.1255 パッチのアンインストール方法
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.