My Oracle Support Banner

データベース取得(キャプチャ)およびリプレイ: 一般的なエラーおよび理由 (Doc ID 2142617.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.1.0.6 以降
Oracle Exadata Hardware - バージョン 11.2.0.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
Oracle Server Enterprise Edition - Version: 11.1.0.6 and later



本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 463263.1 (最終メジャー更新日: 2015年03月03日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。


目的

このノートの目的は、データベース取得(キャプチャ)およびリプレイ処理中に発生する可能性のあるいくつかの一般的なエラーとその理由についてリストすることです。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 ORA-00439  "機能は有効ではありません: %s"
 ORA-01458 "可変長文字列の長さが無効です"
 ORA-15505  "インスタンス %s でディレクトリ %s へのアクセス中にエラーが発生したため、ワークロードの取得を開始できません"
 ORA-15506 "インスタンス %s を再実行用に準備できません"
 ORA-15509 "ワークロードの再実行は取り消されました"
 ORA-15510 ""STATISTICS_LEVEL"が"BASIC"の場合、操作を実行できません "
 ORA-15511 "ユーザー・セッションが記録されていないため、ワークロードの取得を処理できません"
 ORA-15513 "入力ディレクトリにアクセスできません"
 ORA-15518 "並列前処理で予期しないエラーが発生しました"
 ORA-15552 "ワークロードの再実行クライアントがデータベース・サーバーにログインできません"
 ORA-15555 "ワークロードのリプレイ・クライアントで予期せぬエラーが発生しました: %s
 ORA-15557 "ワークロードのリプレイ・クライアントが再実行ディレクトリにアクセスできないか、データベースのバージョンが前処理を行うデータベースと一致しません"
 ORA-15558 "再実行スレッドで予期せぬエラーが発生しました"
 ORA-15563: ワークロードのリプレイ・クライアントが新しいスレッドを起動できません
 ORA-15567  "健全性チェック中にリプレイユーザー %s にエラーが発生しました"
 ORA-15590 "ワークロードの取得ファイルが不完全です"
 ORA-20222 "Given capture_id %s is invalid or the corresponding capture failed"
 ORA-20223 "No replay clients have connected yet! Please issue START_REPLAY() after one or more WRC replay clients have been started!"
 ORA-39087 "ディレクトリ名 %s は無効です"
 ORA-21500: 内部エラー・コード、引数:[keccuCheckOCIError]
 タイムアウトが呼びされる
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.