My Oracle Support Banner

パラレル問合せの 10046 トレースを取得する方法 (Doc ID 2151390.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 8.1.5.0 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Backup Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 1102801.1 (最終メジャー更新日: 2015年07月27日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

このノートはパラレル問合せの 10046 トレースを収集する方法を説明しています。

開発者およびチューニングを対応する人によって使用されます。
収集されたトレース・ファイルの場所についても説明しています。
読者はパラレル実行や用語に精通していることを前提としています。
ここでは簡単な概要を説明しています。詳細については、マニュアルにあります。
パラレル実行コーディネータ/問合せコーディネータ(QC):
その問合せを制御しているユーザー・バックグラウンド・プロセス
パラレル実行サーバー/スレーブ (QS);
作業をして結果を QC に戻します
パラレル実行サーバー・セット:
1つの処理を実行する QS の集合

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 背景
 セッションのトレース
 スレーブ・トレースはどこにありますか
 処理が開始した後のトレース
 11g 以降のバージョンのトレース
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.