My Oracle Support Banner

RHEL5 / Oracle Linux 5 32-bit 環境における ramfs を使用した Very Large Memory と HugePages の設定方法 (Doc ID 2173437.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Linux OS - バージョン Oracle Linux 5.0 から Oracle Linux 5.6 with Unbreakable Enterprise Kernel [2.6.32] [リリース OL5 から OL5U6]
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Linux x86
***Checked for relevance on 21-Nov-2012***
***Checked for relevance on 23-Apr-2014***

目的

この文書では、32-bit 版 Red Hat もしくは Oracle Linux 5 のシステム管理者向けに、Very Large Memory および ramfs と HugePages を使用した Oracle RDBMS の大容量 SGA を設定する方法を説明します。VLM (Very Large Memory) とは Oracle Database 製品で初期化パラメータ USE_INDIRECT_DATA_BUFFERS を使用した際の特定の実装方法のことを指します。

この方法を利用すれば、<Document 300652.1> に示された制限範囲内にて、SGA は物理 RAM とほぼ同じ容量に設定することができます。ただし Linux OS 上の各サービスの動作にも一定のメモリが必要であることを念頭に置いてください。詳細については、Oracle Database 製品文書をご確認ください。

この文書で示されている設定方法は 32-bit Linux に限られたものです。64-bit Linux での HugePages の設定方法については <Document 361468.1> をご覧ください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.