My Oracle Support Banner

Windows: exectask.exe 実行後 exspad PID .err ファイルが生成され削除されない (Doc ID 2179424.1)

Last updated on FEBRUARY 03, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2178935.1> (最終メジャー更新日: 2016年09月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

現象

exectask.exe 実行後、%TEMP%\CVU_<PSR>_<Server_name>$\scratch ディレクトリ配下に
0byte の exspad<PID>.err ファイルが作成されたままとなり、削除されません。
Oracle Enterprise Manager (OEM) による Oracle Clusterware の監視をしている場合、頻繁に
OEM 経由で exectask.exe が実行されるため、exspad<PID>.err ファイルが蓄積することがあります。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.