My Oracle Support Banner

Oracle Big Data Appliance v2.3.1 以降の Kerberos にてセキュアクラスタへユーザを作成・追加する手順 (Doc ID 2181051.1)

Last updated on JANUARY 29, 2019

適用範囲:

Big Data Appliance Integrated Software - バージョン 2.3.1 以降
Linux x86-64
本文書利用上のご注意

  本文書は英語で提供されている Doc ID 1600752.1 (最終更新日: 2015年9月15日)を翻訳したものです。

  ご利用に際しては、英語の原文を併せてご参照頂くことをお勧めいたします。

目的

セキュア Hadoop クラスタ へ ユーザ を作成・追加する手順を含んだ情報を提供します。手順を実施するための前提条件として、Kerberos が Mammoth v2.3.1 以降のインストーラ を使用している、もしくは'mammoth-reconfig add kerberos' オプションを使用して有効にしていることが必要です。

対象

システム管理者は Oracle Big Data Appliance V2.3.1 以降の新しいバージョンを使用した セキュア Hadoop クラスタ にユーザを追加する必要があります。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 hdfs ユーザの追加
 セキュア クラスタへのユーザの追加と作成
 特定のホストから認証するためのプリンシパルの追加と作成
 Kerberos の追加オプション
 Kerberos チケットの破棄
 パスワードの変更
 kadmin.local の Help オプションの確認

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.