My Oracle Support Banner

TFA を使用したデータベース・パフォーマンス・診断情報の自動収集: ウォークスルーおよび詳細 (Doc ID 2216037.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.5 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Generic Linux
Generic UNIX

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 2160658.1 (最終メジャー更新日: 2016年09月27日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

このドキュメントは、TFA サポート・ツール・バンドルを使用した、データベース・パフォーマンス SRDC を使用して、パフォーマンス問題の診断情報を収集するという文脈で記述されています。

<Document 2156456.1>  SRDC - How to Collect Standard Information for a Database Performance Problem for 11g or Greater on Unix/Linux (with Diagnostic Pack License)

対象

データベースのパフォーマンスに関するTFAサポートツールバンドルで自動収集機能を使用するときに、ツールが要求する質問とデータの例を示します。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 シナリオ 1 - データベースで現在パフォーマンス問題が発生しています:
 シナリオ 2 - データベースで現在パフォーマンス問題は発生していません:
 診断情報の収集と検索
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.