My Oracle Support Banner

パフォーマンス関連の Oracle サービス・リクエスト・データ収集(SRDC) (Doc ID 2229135.1)

Last updated on OCTOBER 02, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 6.0.0.0 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上のご注意


  本文書は英語の文書 Document 1938786.1 (最終メジャー更新日: 2018年10月01日) の日本語翻訳版です。

  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

この記事はパフォーマンス関連の Oracle サービス・リクエスト・データ収集(SRDC)の文書です。

すべてのエリアに渡る SRDC 文書の完全なカタログについては、次の記事を参照してください。:

<Document 1987484.2> SRDC - Catalog: All Products - Database - Exadata - EBS - JDE - Fusion - Middleware - GBUs - Siebel - Sun Systems - Peoplesoft - Enterprise Manager - SR Data Collection

対象

パフォーマンス問題の診断情報を収集するユーザー。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 データベース全体が遅い/ハングまたは複数の SQL が遅い
 CPU/メモリ使用率が高いまたは I/O の問題
 PMON failed to acquire latch
 SQL が遅い、SQL がハング、SQL が索引を使用しない
 結果不正
 データベースが遅いまたは SQL のパフォーマンスが悪く RA-00600/7445 エラーが発生
 ORA-00054 エラー
 ORA-00060エラー
 "ORA-12751: cpu time or run time policy violation" エラー
  'enq: TX - ...' タイプのイベントの待機
  'latch: cache buffers chains' の待機
  'log file sync' の待機
  'library cache lock'  の待機
 SPM の使用またはトラブルシューティング
 データベース・リプレイ事前処理の問題
 データベース・リプレイ初期化パフォーマンス問題
 データベース・リプレイ問題
 データベース・キャプチャ問題
 非常に多くの SYSAUX 表領域が自動ワークロード・リポジトリ (AWR) で使用される
 マテリアライズド・ビュー・リライト
 パラレル実行
 パフォーマンス診断についてのディスカッション
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.