My Oracle Support Banner

Exadata のパッチ適用の概要とパッチのテストの指針 (Doc ID 2232354.1)

Last updated on DECEMBER 10, 2019

適用範囲:

Oracle Exadata Hardware - バージョン 11.2.0.1 以降
Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 11.2.1.2.0 から 11.2.3.2.2 [リリース 11.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

本文書利用上の注意事項

====================

本文書は英語の文書(Document 1262380.1: 最終メジャー更新日2014年04月15日)の日本語版です。

英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

Exadata データベース・マシンは、Oracle Database を実行するためにハードウェアとソフトウェアの両方を含む、完全で統合されたシステムです。この記事の目的は、Exadataデータベース・マシン上でパッチのテストや適用を行なうための指針を提供することと、Exadataデータベース・マシンをメンテナンスするために必要となる異なる種類のパッチを説明することです。

対象

この文書は、Exadata Database Machine のソフトウェアやファームウェアの保守を担当する管理者を対象としています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 パッチの説明
 Exadata ストレージ・サーバ・パッチ
 内容
 インストール
 互換性
 データベース・サーバ・パッチ
 Oracle Database ソフトウェアのパッチ
 内容
 インストール
 互換性
 オペレーティング・システムとファームウェアのパッチ
 指針
 要件
 InfiniBand スイッチのパッチ
 内容
 インストール
 互換性
 そのほかのコンポーネントのパッチ
 パッチ適用とテストの指針
 バージョンが混在するときの指針
 パッチのテストと適用の指針
 推奨される Exadataテスト環境と方法論
 パッチ適用時の停止時間とリスクを減らす機能
 ローリング方式でセルに適用
 バンドル・パッチのマージ
 RAC 環境でローリング方式のインストール
 OPatch 自動インストール
 Enterprise Manager でのインストール
 Data Guard スタンバイ・ファースト・パッチ適用
 OPlan
 パッチ適用を支援するその他の機能
 一時ロジカル・スタンバイ
 コミュニティでの議論
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.