My Oracle Support Banner

GI PSUを適用後、ASMのLOCAL_LISTENERが正しくないポートを使用してしまう (Doc ID 2233361.1)

Last updated on AUGUST 01, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.2 から 12.1.0.2 [リリース 12.1]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2201573.1> (最終メジャー更新日: 2017年01月16日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

o この事象は、12.1.0.2.160119 GIPSU (Jan-2016)もしくは12.1.0.2.160719 GIPSU (Jul-2016)が適用されてから発生しましたが、12.1.0.2.161018 GIPSU (Oct-2016)にも発生しえます。

o Agentは、LOCAL_LISTENERのポートを、ローカルリスナー(ora.LISTENER.lsnr) が使用している1521からASMリスナー (ora.ASMNET1LSNR_ASM.lsnr) が使用している1522へ変更します。

o ASMのアラートログには以下の内容を出力します。

ALTER SYSTEM SET local_listener='(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=<node IP>)(PORT=1521))' SCOPE=MEMORY SID='+ASM1';
 
ALTER SYSTEM SET local_listener='(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=<node IP>)(PORT=1522))' SCOPE=MEMORY SID='+ASM1';

o Flex ASMが使用される環境であり、ASMのリスナーを起動してます(例えば ora.ASMNET1LSNR_ASM.lsnr)。

o このケースでは、クラスタではインターコネクトとASMのために2セットのネットワークを使用しています。例:

$ oifcfg getif
eth0  <public subnet>  global  public
eth1  <interconnect subnet 1>  global  cluster_interconnect,asm
eth2  <interconnect subnet 2>  global  cluster_interconnect,asm

 

変更点

GI PSUを適用しました。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.