My Oracle Support Banner

OS、ハードウェア、ストレージの問題によってゼロクリアされたブロックの物理的破損について (Doc ID 2234873.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 8.0.6.0 から 12.2.0.1 [リリース 8.0.6 から 12.2]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1545366.1> (最終メジャー更新日: 2018年8月4日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

ブロックがゼロクリアされることで発生する物理的破損について解説します。

DBVerifyはこのような場合、次のようなレポートを出力します:

 

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
詳細
 Oracleでは、ゼロクリアされているブロックは書き出さないようになっています。
 ストレージ・ベンダーはゼロクリアされたブロックを書き出さないというOracleの設計に基づいてチェックを実装しています。
 まとめ
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.