My Oracle Support Banner

12.1.2.1.0 から 12.1.2.3.3 または 12.1.2.3.4 へアップグレードしたあと、CheckHWnFWProfile がフラッシュ・ディスクのファームウェアの警告を示す (Doc ID 2236852.1)

Last updated on APRIL 09, 2020

適用範囲:

Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 12.1.2.1.0 から 12.1.2.3.4 [リリース 12.1]
Linux x86-64
12.1.2.1.0 から 12.1.2.3.3 または 12.1.2.3.4 へアップグレードした、ハイ・キャパシティあるいはエクストリーム・フラッシュの NVME フラッシュカードを用いている X5-2 セルが影響を受けます。

バージョン 12.1.2.3.3 と 12.1.2.3.4 のフラッシュディスクはファームウェア 8DV1RA13 を使うべきです。

参照: 非公開 bug 25565145


本文書利用上の注意事項

====================

本文書は英語の文書(Document 2235554.1: 最終メジャー更新日2017年02月21日)の日本語版です。

英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

Exadataストレージ・サーバをバージョン 12.1.2.1.0 から 12.1.2.3.3 または 12.1.2.3.4 へアップグレードするとき、CheckHWnFWProfile が警告 "The hardware and firmware does not match with the profile." を報告するためセルの検証が失敗します。


以下のコマンドを実行することでチェックすることができます:

 

変更点

12.1.2.1.0 から 12.1.2.3.3 または 12.1.2.3.4 へアップグレード

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.