My Oracle Support Banner

"strace -f" コマンドでアタッチしたプロセスが突然終了し、strace ログには"killed by SIGTRAP" と記録される (Doc ID 2238517.1)

Last updated on OCTOBER 25, 2019

適用範囲:

Oracle Net Services - バージョン 12.1.0.2 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Linux x86-64
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2238462.1> (最終メジャー更新日: 2017年2月28日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

現象

"strace -f" コマンドを使用してプロセス (oracle サーバプロセス、Grid Infrastructure のデーモンプロセス、など) の
システムコール・トレースを取得しているとき、プロセスが突然終了することがあります。
Strace コマンドのログには、SIGTRAP シグナルを受けてプロセスが終了している状況が出力されています。

------------------------------------------------------------------
+++ killed by SIGTRAP (core dumped) +++
------------------------------------------------------------------

変更点

この問題は Red Hat Enterprise Linux 上の、特定のバージョンの strace コマンドでのみ発生します。

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.