My Oracle Support Banner

データポンプ・エクスポート/インポートでグローバル一時表の LOB Storage パラメータが無視されてしまう (Doc ID 2246586.1)

Last updated on FEBRUARY 26, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2223015.1> (最終メジャー更新日: 2017年01月13日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

データ・ポンプ・エクスポートはグローバル一時表の LOB Storage パラメータを抽出しません。

例:
-----------
- ソース・データベースにて、以下の句で lob storage を定義し、global temporary table を作成します:

create global temporary table t1 (c1 number, c2 clob) lob (c2) store as basicfile (enable storage in row retention max cache reads);

- エクスポートによって作成されたダンプ・ファイルをチェックし、ソース・データベースでその表の sql ファイルを生成すると、次のようになります。

CREATE GLOBAL TEMPORARY TABLE "TEST"."T1"
( "C1" NUMBER,
"C2" CLOB
)
ON COMMIT DELETE ROWS ;

==> Lob Storage パラメータ句がなくなってしまい、DDL 文は正しくありません。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.