My Oracle Support Banner

11g 以降のトレースファイルに共有カーソルの診断情報 (CursorDiagnosticsNodes) が出力される (Doc ID 2247637.1)

Last updated on NOVEMBER 15, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.2 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1310285.1> (最終メジャー更新日: 2015年8月5日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

リリース 11.2.0.2 以降で、下記のような共有カーソルの診断情報を含むトレースファイルが出力されます。

CursorDiagnosticsNodes:
ChildNode: ChildNumber=2 ID=37 reason=Authorization Check failed(4) size=5x4 translation_table_position=31036 original_handle=322122547
4 temp_handle=3221225473 schema=5764 synonym_object_number=0
...
AgedOutCursorDiagnosticNodes:
ChildNode: ChildNumber=0 ID=40 reason=Bind mismatch(13) size=4x4 bind_position=3 original_oacflg=32 original_oacpre=0 new_oacpre=3
...

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.