My Oracle Support Banner

12.2 における自動データ最適化 (ADO) のデータベース・インメモリ列ストアのサポート (Doc ID 2249092.1)

Last updated on NOVEMBER 25, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.2 BETA1 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Backup Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2211831.1> (最終メジャー更新日: 2017年03月06日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

Oracle Database 12c Release 2 (12.2) より、ADO はインメモリ (IM) 列ストアも新たなデータとして管理します。

パフォーマンスが悪くなった際にインメモリ (IM) 列ストアからオブジェクトを排除するためにポリシーを作成可能です。そしてパフォーマンス向上のためオブジェクトをポピュレートすることもできます。

ADO は IM 列ストアをヒートマップ統計を使用して管理します。

対象

自動データ最適化ポリシーでは、アクセス/使用状況に基づいて、インメモリ列ストアにオブジェクトを自動的に設定または削除できます。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 手順のサマリ
 要件
 IM 列ストア向け ADO ポリシー
 有用なクエリ
 
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.