My Oracle Support Banner

マスターノート: データベース制御ファイルの概要 (Doc ID 2253828.1)

Last updated on JUNE 04, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 9.2.0.8 から 12.1.0.1 [リリース 9.2 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1493674.1> (最終メジャー更新日: 2019年4月4日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

データベースの制御ファイルの概念について解説します。

対象

このドキュメントの詳細は、基本的に非RACかつ非データガード環境のデータベース構成に適用されます。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 概要
 制御ファイルの内容
 制御ファイルの構造
 循環再利用レコード
 非循環再利用レコード
 制御ファイルに関するパラメータ
 CONTROL_FILES
 CONTROL_FILE_RECORD_KEEP_TIME
 制御ファイルの作成
 CREATE CONTROLFILE
 制御ファイル作成後のトラブルシューティング
 欠落したファイルや余分なファイルのチェック
 CREATE CONTROLFILEでのエラー処理
 制御ファイルの拡張
 制御ファイル・エンキュー
 制御ファイルに関するビュー
 12c固有の情報:
 制御ファイルに関する待機イベント
 Control file parallel write
 Control file sequential read
 Control file single write
 制御ファイルのバックアップ
 RMANによる制御ファイルの自動バックアップ
 BACKUP CONTROLFILE句
 制御ファイルのガイドライン
 制御ファイルのファイル名の指定
 異なるディスク上での制御ファイルの多重化
 制御ファイルのバックアップ
 制御ファイルの削除
 追加情報
 既知の問題と解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.