My Oracle Support Banner

Grid Infrastructure 12.2 新機能: Clusterware ファイルは ASM に格納する必要があります (Doc ID 2255088.1)

Last updated on AUGUST 02, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.2 BETA1 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2201844.1> (最終メジャー更新日: 2017年04月12日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

詳細

Oracle Grid Infrastructure バージョン 12.2 から、すべての Oracle Clusterware ファイル (Oracle Cluster Registry (OCR) および投票ディスク (VD)) を ASM に格納する必要があります。

参照: http://docs.oracle.com/cd/E82638_01/CWLIN/supported-storage-options-for-oracle-grid-infrastructure.htm#GUID-1022FFAD-7441-44BB-807D-C87B2DBCD015

 

7.1 Oracle Grid Infrastructureでサポートされている記憶域オプション

 

記憶域オプション OCR および投票ファイル

Oracle Automatic Storage Management (Oracle ASM)

注意: ループバック・デバイスは、Oracle ASM では使用できません。

はい
Oracle Automatic Storage Management クラスタ・ファイル・システム (Oracle ACFS) いいえ
ローカル・ファイル・システム いいえ
OCFS2 いいえ

動作保証されているネットワーク接続ストレージ (NAS) ファイラ上のネットワーク・ファイル・システム (NFS) 

注意: Direct NFS クライアントは Oracle Clusterware ファイルをサポートしていません

いいえ
ダイレクト接続ストレージ (DAS) いいえ
共有ディスク・パーティション (ブロック・デバイスまたは RAW デバイス) いいえ

 

 

アクション

 

コンタクト

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
詳細
アクション
コンタクト
 Community Discussions
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.