My Oracle Support Banner

アラート・ログに 12170 TNS-12535/TNS-00505: 操作はタイムアウトしましたが出力される (Doc ID 2255579.1)

Last updated on JANUARY 29, 2018

適用範囲:

Oracle Net Services - バージョン 11.2.0.1 から 12.1.0.2 [リリース 11.2 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1628949.1> (最終メジャー更新日: 2016年09月06日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

以下のエラーはデータベースのアラート・ログに出力されます。

***このケースでは "Client address" がエラースタックに表示されました。

Fatal NI connect error 12170.

VERSION INFORMATION:
TNS for 64-bit Windows: Version 11.2.0.3.0 - Production
Oracle Bequeath NT Protocol Adapter for 64-bit Windows: Version 11.2.0.3.0 - Production
Windows NT TCP/IP NT Protocol Adapter for 64-bit Windows: Version 11.2.0.3.0 - Production
Time: 22-FEB-2014 12:45:09
Tracing not turned on.
Tns error struct:
ns main err code: 12535

TNS-12535: TNS:operation timed out
ns secondary err code: 12560
nt main err code: 505

TNS-00505: Operation timed out
nt secondary err code: 60
nt OS err code: 0
***Client address: (ADDRESS=(PROTOCOL=tcp)(HOST=XXX.XX.XXX.XXX)(PORT=45679))

  

このポートは、接続のためクライアントに割り当てられたエフェメラルポートです。
このポートは、リスナーのポートと関係しません。

 

変更点

変更の必要はありませんが、最近データベースが 11g リリース 1以上にアップグレード、またはインストールされた可能性があります。
注意: 11gR1 より前は同じ 'Fatal NI connect error 12170' が sqlnet.log に書き込まれます。 本文書では、クライアントとサーバの間にファイアウォールが存在する場合発生し得る問題を紹介します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.