My Oracle Support Banner

REDO ログが ASM 上にある場合 LGWR がスピンおよび "log file parallel write" で待機する (Doc ID 2290381.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1998116.1> (最終メジャー更新日: 2018年07月20日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

1] REDO ログが ASM 上にある場合、LGWR がスピンおよび "log file parallel write" で待機します。REDO ログがファイルシステムにある場合、このような事象は再現しません。

2] ASM側で実際に待機が発生していないにも関わらず、LGWRはアクティブな待機で90%以上のCPUを使用します。

3] LGWRトレースファイルより、経過時間が長いことが確認できます。

Warning: log write elapsed time 2017ms, size 1959KB
Warning: log write elapsed time 4729126ms, size 34865K
Warning: log write elapsed time 170569ms, size 14084KB
Warning: log write elapsed time 500ms, size 768KB
Warning: log write elapsed time 1095ms, size 2KB
Warning: log write elapsed time 577ms, size 2KB
Warning: log write elapsed time 6050ms, size 823KB
Warning: log write elapsed time 100428ms, size 9863KB

 

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.