My Oracle Support Banner

ルールの数が多いスキーマの EXPDP が re$action_imp_tab の待機中の評価フェーズでハングする (Doc ID 2298931.1)

Last updated on FEBRUARY 26, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.4 から 12.1.0.2 [リリース 11.2 から 12.1]
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2227968.1> (最終メジャー更新日: 2017年02月16日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

- DataPump エクスポート処理がスキーマからデータをアンロードする際に評価フェーズでハングします:

- 下記のアクションは役に立ちませんでした :
+ DataPump ユーティリティを再作成します.
+ ディクショナリと固定オブジェクトの統計情報を収集します.
+ マージパッチ 21443197 を適用します.

 

変更点

dba_rules を問い合わせします :

SQL> select count(*) from dba_rules  where rule_owner = '<schema_name>' and rule_action_context is not null;

エクスポート対象のスキーマに多くルールが定義されています。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.