My Oracle Support Banner

USER$.SPARE6 の UPDATE のパフォーマンスが悪く(2秒以上の時間を要する)、CPU 消費が高くなる事象について (Doc ID 2318211.1)

Last updated on MARCH 12, 2019

適用範囲:

Advanced Networking Option - バージョン 12.1.0.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2280676.1> (最終メジャー更新日: 2017年07月05日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

次の処理のパフォーマンスが悪く(2秒以上の時間を要する)、CPU 消費が高くなる事象が発生します:

update user$ set spare6=DECODE(to_char(:2, 'YYYY-MM-DD'), '0000-00-00', to_date(NULL), :2) where user#=:1

この問題となる動作は、透過的データ暗号化(TDE)とFIPSモードの両方が使用されている場合に確認されることが多いです。

 

変更点

この問題は、12.1.0.2にアップグレードした後に発生します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.