My Oracle Support Banner

AIX:11gR2 GI / RACクラスタを安定させるための最も重要な作業 (Doc ID 2322460.1)

Last updated on AUGUST 01, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.1 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Backup Service - バージョン N/A 以降
IBM AIX on POWER Systems (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 Document 1427855.1(最終メジャー更新日: 2017年10月08日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

このノートでは、IBM AIX上で11gR2 Grid InfrastructureとReal Application Clusterを安定させるための最も重要な作業事項をリストします。メモリ/CPU使用率の高騰やハングアップを引き起こす問題にフォーカスしています。

対象

このドキュメントは Oracle Clusterware/RAC Database 管理者とOracle サポートエンジニアを対象としています。 

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 A.必要なOS Technology Level、Service Pack及び推奨されたVM設定
 B.Oracle Serverプロセスのメモリ使用量を削減するUSLAヒープ修正
 C.その他の推奨されたOS修正
 D.最新GI PSU を適用することで多くのリソース消費の既知問題を回避します。
 E.ASM/データベースの修正
 F. ノード排除/再起動に関する問題を回避するCSSD修正
 G. AIXにEM agentが多くメモリを消費する(ノード再起動まで至る可能性がある)
 付録 A: データ収集
 付録 B: 参考文献
 Community Discussions

参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.