My Oracle Support Banner

CMANのリスナープロセスのCPU使用率が高くなる (Doc ID 2338783.1)

Last updated on DECEMBER 13, 2017

適用範囲:

Oracle Net Services - バージョン 12.1.0.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2329048.1> (最終メジャー更新日: 2017年11月27日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

CMANの HOMEにて TNS Listenerを実行すると、CPUの使用率が一定期間に渡って 80%を超えます。

この問題が発生すると TNS Listenerの pstackは ons_cond_timedwait_sec()でハングします:

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.