My Oracle Support Banner

Exadataの弾性構成 (Doc ID 2383317.1)

Last updated on APRIL 08, 2018

適用範囲:

Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 12.1.2.1.0 以降
Oracle Server X5-2L - バージョン All Versions 以降
Exadata X4-8 Hardware - バージョン All Versions 以降
Oracle Server X5-2 - バージョン All Versions 以降
Linux x86-64
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1953915.1> (最終メジャー更新日: 2017年12月20日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

このドキュメントでは、弾性構成プロセスを使用してExadata DBノードおよびセルを構成する方法について詳しく説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 概要
 弾性構成プロセスの概要
 ステップの詳細説明
 新しいラックの詳細例
 新しいラックのre-imaging(applyConfigを使用するのではなく)手順
 既存のX5ラックにX5ノードを追加する
 旧X5より古いラックにX5ノードを追加する
 スクリプトとログ情報
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.