My Oracle Support Banner

RAC on Windows: Windows 環境の頻繁的なノード排除/リブート (CRS-1610/CRS-8013) (Doc ID 2389674.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.2 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2291948.1> (最終メジャー更新日: 2017年08月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

Windows 上の 2ノード 12.1.0.2 RAC 環境において、片ノードは頻繁的に排除/リブートされています。以下のメッセージは Oracle Clusterware のアラートログ ($ORACLE_BASE\diag\crs\<nodename>\crs\trace\alert.log) に記録されています。

 

Windows Event Viewer ログに何らかの異常出力もなく、システムの負荷も正常状態となります。

変更点

McAfee HIPS (Host Intrusion Prevention Services) はインストールされました。または HBSS (Host Based Security System) の運用か company ポリシーの一部として、アップデートした HIPS ポリシーは適用されました。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.