My Oracle Support Banner

12.2 ODP.NET 管理対象外ドライバでPooling=false設定時にコネクションで繰り返し接続/切断を行うとメモリリークする (Doc ID 2390127.1)

Last updated on FEBRUARY 03, 2019

適用範囲:

Oracle Data Provider for .NET - バージョン 12.1.0.2 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)
Microsoft Windows (32-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2379454.1> (最終メジャー更新日: 2018年04月17日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

12.2 ODP.NET 管理外対象ドライバでPooling=false設定時にコネクションで繰り返し接続/切断を行うとメモリリークします。
この問題は次の条件で発生します:

変更点

ODP.NET管理対象外ドライバを12.2へアップグレードしている。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.