My Oracle Support Banner

Windows 上の Grid Infrastructure : 'crsctl stop crs' がノードハングを引き起こしブルースクリーンによりインスタンスがクラッシュする (Doc ID 2390214.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.2 から 12.1.0.2 [リリース 12.1]
Microsoft Windows x64 (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2335907.1> (最終メジャー更新日: 2018年05月06日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

Windows の複数ノードのRAC構成環境でデータベースの異常終了の後、'crsctl stop crs' コマンドの発行がハングやブルースクリーンとなる

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.