My Oracle Support Banner

12c: リスナー停止及びプロセスが強制終了されるまで、Extproc コールは解放されません (Doc ID 2399256.1)

Last updated on MAY 16, 2018

適用範囲:

Oracle Net Services - バージョン 12.1.0.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2371611.1> (最終メジャー更新日: 2018年03月09日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

LISTENER(動的に生成されたものではない)を通して生成したExtproc コールは解放されないことがあります。
その結果、データベース・サーバーに過剰なプロセスが残存されます。
唯一の解決策はリスナーの停止及び「スタック」しているように見えるプロセスの強制終了となります。


変更点

これは、マルチ・スレッドExtproc エージェント経由でのデフォルトExtproc の使用ではなく、Extproc 用のSID_DESC 情報が含まれる新しいインストールまたはアップグレードした環境です。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.