My Oracle Support Banner

ウォレットの削除と再作成をおこなった 11.2 環境で ORA-28374 が発生する (Doc ID 2399389.1)

Last updated on MAY 16, 2018

適用範囲:

Advanced Networking Option - バージョン 11.2.0.1 から 11.2.0.1 [リリース 11.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 988022.1> (最終メジャー更新日: 2013年03月08日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

Checked for relevance on 08-MAR-2013

現象

11.2.0.1 環境で (TDE が使用されたことのないデータベースであっても) 次の一連のコマンドを実行すると、ORA-28374 エラーが発生します:

#1. 新しいマスター暗号鍵を作成します

alter system set encryption key identified by "wallet password";


#2. (暗号化オブジェクトを作成することなく) 生成されたウォレットを削除します
#3. 再度新しいマスター暗号鍵を作成します:

alter system set encryption key identified by "wallet password";


この状況で TDE に関連する操作を行うと、ORA-28374 エラーで失敗します。(例:暗号化表領域の作成、マスター暗号鍵の rekey 等) RAC 環境では全てのノードでウォレットがオープンできなくなる為、TDE の観点からは状況は更に悪化します。

変更点

ウォレットファイル (ewallet.p12) を削除する事で発生します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.