My Oracle Support Banner

統合監査ポリシーの削除でエラー ORA-46361: 現在有効化されているため、監査ポリシーを削除できません。 (Doc ID 2402235.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 12.1.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2207300.1> (最終メジャー更新日: 2016年11月24日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

12c Oracle データベースで、統合監査ポリシーを作成し、後で、そのポリシーを削除しようとすると、ORA-46361: 現在有効化されているため、監査ポリシーを削除できません のエラーになります。

変更点

 統合監査ポリシーを作成しそれを削除しようとしました。

 

SQL> create audit policy audit_all_chg actions update, insert, delete ;

Audit policy created.

SQL> audit policy audit_all_chg by TIGER,GSMCATUSER;

Audit succeeded.

 

SQL> select USER_NAME,enabled_opt from audit_unified_enabled_policies where policy_name='AUDIT_ALL_CHG';

USER_NAME    ENABLED_OPT
--------------------------------------------------------------------------------
TIGER               BY

GSMCATUSER  BY

 

SQL> noaudit policy audit_all_chg;

Noaudit succeeded.

SQL> drop audit policy audit_all_chg;
drop audit policy audit_all_chg
*
ERROR at line 1:
ORA-46361: Audit policy cannot be dropped as it is currently enabled.

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.