My Oracle Support Banner

プロセスにより使用されるどのメモリ領域が増加しているかを確認する方法 (Doc ID 2424142.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.4 から 12.1.0.2 [リリース 10.2 から 12.1]
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 12.1.0.1 から 12.1.0.1 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 822527.1> (最終メジャー更新日: 2017年09月22日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

どのメモリ領域が増加しているかを確認するための V$PROCESS_MEMORY と V$PROCESS_MEMORY_DETAIL の使用方法を説明します。

Oracle 10.2 から、増加し続けるメモリサイズの確認に使用することができる 2 つの新しいビューが設けられています。heapdump の代わりにこれらビューを使用してどのメモリ領域が増加し続けているかを特定することができます:

 - V$PROCESS_MEMORY:

      このビューは各 Oracle プロセスごとに名前付けされたコンポーネント単位での動的な PGA メモリ使用状況を表示します このビューは各 Oracle プロセスごとに以下 6 つの行を示します:
      - Java
      - PL/SQL
      - OLAP
      - SQL
      - Freeable
      - Other

 - V$PROCESS_MEMORY_DETAIL
    各コンポーネントのメモリアロケーションの詳細を示します。
    - このビューによるモニタリングを有効化するためには以下のコマンドを実行します:
       SQL> alter session set events'immediate trace name PGA_DETAIL_GET level <PID>';
        ORADEBUG から実行する場合は以下の方法になります:
       SQL> ORADEBUG SETMYPID;
       SQL> ORADEBUG DUMP PGA_DETAIL_GET <PID>;
    - 情報を削除するためには以下のコマンドを実行します:
       SQL> alter session set events'immediate trace name PGA_DETAIL_CANCEL level <PID>';
        ORADEBUG から実行する場合は以下の方法になります:
     SQL> ORADEBUG DUMP PGA_DETAIL_CANCEL <PID>;

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.