My Oracle Support Banner

Solaris 11 SPARC/ x86-64 の Oracle データベース 18c インストール要件 (Doc ID 2431195.1)

Last updated on SEPTEMBER 28, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 18.3.0.0.0 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 18.3.0.0.0 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Solaris on SPARC (64-bit)
Oracle Solaris on x86-64 (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2429154.1> (最終メジャー更新日: 2018年08月20日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

このノートでは、Solaris 11 SPARC 64-Bit で Oracle データベース 18.3 を正常にインストールするために必要な要件について説明します。

対象

この手順は、Solaris 11 SPARC 64-Bit/x86-64 に Oracle Server 18.3 をインストールしようと計画している/試行している人を対象としています。この文書は最低限の要件のみを記載しています。記載の設定よりも設定が高い場合は、インストール前の要件を満たしています。このドキュメントでは範囲外であるデータベース/アプリケーションのサイズに応じて、特定のパラメータをカスタマイズする必要がある場合もあります。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 ハードウェア要件:
 ソフトウェア要件 :
 パッケージ要件
 Oracle データベースの前提条件パッケージを使用した Oracle Solaris の自動構成
 Oracle Solaris および Oracle データベースの前提条件グループ・パッケージを使用したサーバーの構成
 Oracle データベース前提条件パッケージの構成の確認
 Oracle Solaris のプログラミング環境の要件
 OS 環境:
 カーネルパラメータ
 リソース制御値の表示
 リソース制御値の変更
 UDP および TCP のカーネルパラメータ
 SHM のマウントオプション
 Umask
 Hostname
 シェル制限
 Oracle データベースのインストール
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.