My Oracle Support Banner

Oracle 12.2.0.1 アップグレード後、マテリアライズド・ビューのリフレッシュで ORA-00600 [ktcrcm: caller passed invalid xcb]が発生 (Doc ID 2447722.1)

Last updated on FEBRUARY 03, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.2.0.1 から 12.2.0.1 [リリース 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2267485.1> (最終メジャー更新日: 2018年08月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

現象

 12.2.0.1でマテリアライズド・ビューをリフレッシュすると、次のエラーが発生します。

ORA-00600: Interner Fehlercode, Argumente: [ktcrcm: caller passed invalid xcb], [4], [0x1CDA0C9D8], [0x000000000], [1], [4232], [], [], [], [], [], []

 
 トランザクションのコミットフェーズでsys.dbms_snapshot_utl.wrap_upを呼び出すと、wrap_up RPCプロシージャから本エラーが発生します。


カレントトランザクションが0x000000000の時、Oracleは0x0680B6EA8をコミットしようとしているため、エラーORA-00600: internal error code, arguments: [ktcrcm: caller passed invalid xcb],[4], [0x1CDA0C9D8], [0x000000000], [1], [4233]が発生されます。 インシデントトレースファイルに使用可能なトランザクションSO(State Object)0x0680B6EA8が存在しないため、このトランザクションはこの前から終了しています。

変更点

12.2にアップグレードします。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.