My Oracle Support Banner

ASM の alert.log に "waiting for instance recovery of group" のメッセージが繰り返し出力される (Doc ID 2457098.1)

Last updated on MARCH 16, 2020

適用範囲:

Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 11.1.0.3.0 から 12.2.1.1.6 [リリース 11.1 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2419249.1> (最終メジャー更新日: 2018年7月26日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

*本文書で記載されている BUG 情報は My Oracle Support では公開されていない場合があります。

現象

強制的に DB サーバーのリブートが実行された場合、生存しているノードの ASM インスタンスの alert.log に次のようなメッセージが出力されます。

2018-03-01T00:37:35.154168+09:00
NOTE: waiting for instance recovery of group 2
2018-03-01T00:37:35.466304+09:00
NOTE: waiting for instance recovery of group 1
2018-03-01T00:37:35.510205+09:00
NOTE: waiting for instance recovery of group 1
2018-03-01T00:37:36.018153+09:00
NOTE: waiting for instance recovery of group 2
2018-03-01T00:37:38.154226+09:00
NOTE: waiting for instance recovery of group 2

ASMインスタンスの alert.log にこれらのメッセージが出力されている間は、ASM インスタンスの GMON プロセスは "kfk: async disk IO" を待機します。

そして DB インスタンスでは、SMON プロセスにおいて ORA-240 が発生することがあります。

変更点

この問題は、Exadata 環境において投票ディスクがクオーラムディスク上に作成されている場合に発生することがあります。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.