My Oracle Support Banner

ハングまたはエラーが発生する SQL 文の SQLT を生成する方法 (Doc ID 2460675.1)

Last updated on OCTOBER 16, 2018

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Backup Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2146816.1> (最終メジャー更新日: 2018年08月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。


SQLT は、SQL の実行計画からの情報を使用して、問合せに関連する最初のオブジェクトを識別し、そこから依存関係を識別します。
ここに提示された技術は、ユーザが問合せに含まれるオブジェクトを手動で識別し、それらを含む "擬似" 問合せを構築することです。
この "擬似" 問合せを SQLT に入力すると、(部分的な)レポートが正常に生成されます。
これは、問題を特定して進展させるためにオブジェクトに関する十分な情報を提供する可能性があります。

目的

ハングまたはエラーが発生する SQL 文の SQLT の実行を成功させる事です。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 時間がかかりすぎる SQL
 エラーになる SQL
 擬似 SQL の SQLT レポートの生成
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.