My Oracle Support Banner

"Oracle JavaVM Component Database PSU/RU" (OJVM PSU/RU) パッチの RAC ローリング・インストール・プロセス (Doc ID 2472637.1)

Last updated on DECEMBER 18, 2018

適用範囲:

Oracle Database Cloud Exadata Service - バージョン N/A 以降
Oracle Platinum Services - バージョン N/A から N/A
Oracle Database Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database - Personal Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
Oracle Database - Standard Edition - バージョン 11.2.0.4 から 12.2.0.1 [リリース 11.2 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2217053.1> (最終メジャー更新日: 2018年11月29日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

このドキュメントでは、11.2.0.4 および 12.1.0.2 用の Jan2017 OJVM PSU パッチセットから、データベースを無制限の "startup" モードのままで各データベースにポスト・インストールできるいつくつかの特定の状況を定義しています。これにより、11.2.0.4および12.1.0.2のOJVM PSUパッチセット、および12.2.0.1のリリースアップデート (RU) パッチの "条件付きローリング・インストール" 機能が可能になります。

Oracle 18c 以降 OJVM PSU は RAC ローリング・インストール可能です。

対象

OJVM PSU パッチセットの "条件付きローリング・インストール" 機能が必要なデータベース管理者を対象としたドキュメントです。
なお、各データベースを "startup upgrade" モードで再起動することにビジネス要件上の問題のない場合は、従来通り、パッチセットの READEME の指示ファイルに示されているように "startup upgrade" モードで各データベースに OJVM PSU パッチをポストインストールすることをお勧めします。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.