My Oracle Support Banner

DBMS_REDEFINITION のケーススタディ: オンライン・トランザクションが発生している大きな非パーテイション表をパーティション表に変換 (Doc ID 2491182.1)

Last updated on FEBRUARY 14, 2020

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.2.0.2.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1481558.1> (最終メジャー更新日: 2018年08月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

本文書は、DBMS_REDEFINITIONパッケージを使用して通常の表をパーティション表に変換するプロセスの
ボリューム詳細と実行タイミングを提供しています。

本文書は、高速リフレッシュ処理で使用されているオブジェクトの詳細と、
プロシージャ中に当該オブジェクトがどのように生成されるかも含まれます。

このプロシージャは次のセクションに分かれています。

1.  中間表と呼ばれるパーティション表構造を作成します。
2.  DBMS_REDEFINITION.can_redef_tableを実行します。
3.  DBMS_REDEFINITION.start_redef_tableを実行します。
4.  DBMS_REDEFINITION.sync_interim_tableを実行します。
5.  DBMS_REDEFINITION.finish_redef_tableを実行します。
6.  中間表を削除します。

対象

 

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.