My Oracle Support Banner

12c MT (マルチテナント) データベースで RMAN を使用して DROP / TRUNCATE / DELETE TABLE からリカバリする方法 (Doc ID 2492140.1)

Last updated on DECEMBER 09, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.1.0.1 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2214510.1> (最終メジャー更新日: 2019年11月28日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。


目的

12c は、RMAN バックアップより表をリカバリする新機能が導入されました。

例: RMAN>recover table <SCHEMA>.<TABLE1> OF PLUGGABLE DATABASE <PDBNAME> until time "to_date('11/23/2016 14:58:30','mm/dd/yyyy hh24:mi:ss')" auxiliary destination '<PATH>' remap table <SCHEMA>.<TABLE1>:<TABLE2> preview;

 

しかし、本番環境で作業を行いたくない場合は、以下の手順に従って 12c でマルチテナントデータベースの PITR リストア/リカバリを実行し、drop/truncate された表から情報を抽出します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.