My Oracle Support Banner

メモリ破損によりdom0はクラッシュする (Doc ID 2507923.1)

Last updated on SEPTEMBER 18, 2019

適用範囲:

Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 18.1.7.0.0 から 18.1.7.0.0 [リリース 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2478876.1> (最終メジャー更新日: 2018年12月7日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

*本文書で記載されている BUG 情報は My Oracle Support では公開されていない場合があります。

現象

メモリ破損によりdom0はクラッシュします。  コール・トレースの中には通常xen_mc_flush()が含まれます。

この事象はExadata 18.1.7を利用するdom0で発生します。  Dom0 に 20180703 から 20180810 の間のuptrack-updates rpmを適用した場合、Exadata 18.1以前バージョンにも影響する可能性があります。  システムが影響を受ける可能性があるかどうかを判断するには、次のコマンドを実行してください:

"[Orabug: 22910685]"の行だけ出力された場合、このシステムは影響を受ける可能性があります。  上記のように二つの行が出力された場合や空の結果が戻ってきた場合、このシステムは影響を受けません。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.