My Oracle Support Banner

RAC on Windows: OraFenceServiceタイムアウト値を正しく増やす方法('OraFenceドライバはWarningTimeout期間にスケジュールされていません'を回避) (Doc ID 2513293.1)

Last updated on NOVEMBER 15, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 11.1.0.7 以降
Microsoft Windows x64 (64-bit)
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2339930.1> (最終メジャー更新日: 2019年02月25日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

目的

通常、デフォルトのOraFenceService Timeoutを変更する必要がありませんが、状況によって変更が必要な場合もあります。  例えば、 <Document:811271.1> - "RAC and Oracle Clusterware Best Practices and Starter K i t (Windows)"参照してください。

間違った変更を行うと、Windows Event Viewer Systemログファイルに次の形式のメッセージは非常に多く表示される可能性があります。

orafencedrv.sysドライバからのバグチェック(例えば、0XA、0XB8というバグチェック)まで発生する可能性があります。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 Community Discussions
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.