My Oracle Support Banner

並列実行による誤った結果の問題を絞り込む方法 (Doc ID 2521856.1)

Last updated on NOVEMBER 01, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 10.2.0.1 以降
Oracle Database Cloud Schema Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Express Cloud Service - バージョン N/A 以降
Oracle Database Exadata Cloud Machine - バージョン N/A 以降
Oracle Cloud Infrastructure - Database Service - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意   本文書は英語の文書 Document 1340246.1 (最終メジャー更新日: 2019年02月20日) の日本語翻訳版です。英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

目的

紹介
この記事では、並列クエリでは得られた誤った結果の問題について説明します。
それは問題を絞り込むためのアクションを提供します。
一点をご注意ください、 "wrong result" という用語でナレッジベースも検索することで、 "incorrect result" や "different result"での検索により、便利な場合が多いです

 

背景
誤った結果を引き起こす可能性があるさまざまな要因があります。次に例を示します。
  • 実行計画に問題がある
  • 並列プロセスは、データをフォローアップ プロセスに誤って配布します。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 1.スレーブマッピング最適化に関する問題
 2. Bloom Filterに問題がある
 a.Bloom Filters と Hash Joins
 b.Bloom Filter とパーティションプルーニング
 c.Predicate Pushdownのためのブルームフィルタ
 3.HASH JOINのクランピング(10.2.0.5以前のバージョンのみ)
 4.スマートスキャン(Exadataシステムのみ)
 5.複数のインスタンスにわたる並列実行
 6.並列処理としてはおかしくに見える実行計画
 回避策がパフォーマンスに与える影響
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.