My Oracle Support Banner

NLS_SORT='JAPANESE_M' と NLS_COMP='LINGUISTIC' を使用したクエリーがスピンする (Doc ID 2522546.1)

Last updated on SEPTEMBER 12, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 12.2.0.1 以降
Oracle Database - Enterprise Edition - バージョン 12.2.0.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2521977.1> (最終メジャー更新日: 2019年3月25日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

*本文書で記載されている BUG 情報は My Oracle Support では公開されていない場合があります。

現象

SJIS キャラクタセットのマルチバイトデータベース (JA16SJIS もしくは JA16SJISTILDE) を使用時、NLS_SORT='Japanese_M_CI' および NLS_COMP='LINGUISTIC' を用いて LIKE '%x%' 句を使用したクエリーにおいて、ハングやスピン、もしくは結果不正といった問題が発生する場合があります。

対象となるデータには、日本語の半角カナの濁点と半濁点「゙」「゚」が含まれます。


例:

 

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.