My Oracle Support Banner

FLASHBACK_TIME に TO_TIMESTAMP(sysdate) を指定して Datapump Export (EXPDP) 実行した際、ORA-1555 が発生する (Doc ID 2539789.1)

Last updated on OCTOBER 24, 2019

適用範囲:

Oracle Database - Standard Edition - バージョン 11.2.0.4 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 2509092.1> (最終メジャー更新日: 2019年04月04日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書の最終メジャー更新日が新しい場合は本文書に適宜反映いたします。

*本文書で記載されている BUG 情報は My Oracle Support では公開されていない場合があります。

現象

以下のように FLASHBACK_TIME オプションを指定して expdp を実行した際、ORA-1555 が発生する場合があります。

- 類似の事象である Doc ID 467123.1 の解決策を実施してもこのエラーは解消しません。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.